住宅ローン借りる時に注意しよう【前編】 | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

住宅ローン借りる時に注意しよう【前編】

今回は、

 ◯住宅ローン返済の現実

 ◯経済危機

についてお話しします。


ーーーーーーーーーーーーーーー

 住宅ローン返済の現実

ーーーーーーーーーーーーーーー

みなさまが住宅を建てられる時、

ほとんどの方が”住宅ローン”を

借りることになると思います。


しかし、今はコロナ禍となり、

住宅ローン返済負担軽減の相談件数

●全国の銀行→約14,000件

●住宅金融支援機構→コロナ前の150倍

      (2020年3?5月時点)

#コロナ禍になり急増している

#その原因は後ほど説明しますね


そのうえ

●住宅ローン破綻率→毎年約2%

     (50人に1人の割合)

この住宅ローン破綻率についてですが、

もし、住宅=資産であるならば、

金融機関が必ず助けてくれるはずです。

つまり、住宅購入費がそのまま資産として

残るのであれば、住宅ローン破綻する人は

居ません!


どういうことかというと、


住宅購入費=資産と判断されない。

つまり、住宅購入した時点がピークで、

家の価値は下がります。


分かりやすくいうと、

車を新車で購入したとすると、

例え1ヶ月乗っただけだとしても、

売却する場合その車は中古車となるため、

売却の金額は下がりますよね。

#家も同じで価値が下がる

#市役所の資産税課でも

#木造住宅は22年で価値がゼロの評価に


じゃあ、

住宅ローンで家を買わない方がいいってこと?

答え:そうではありません。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 賃貸アパートを一生借りた場合

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、

賃貸アパート

→月々家賃7万円(駐車場込)

→50年間

7万円×50年間×12ヶ月=4,200万円となります。

しかも残る資産は0円です。


その上、

年齢を重ねて老人になった時、

借りれるアパート等が確実に減ります!

#住めるところが無くなる危険性

#大家さんは事故物件にしたくないので


と、現実を明らかにしたところで、

COCO不動産では、お客様お一人お一人に、

価値ある知識を提供させていただいております。


知らないことは、リスクしかありません。

(我々不動産屋の言いなりにならないように)

人生で一番大きな買い物だからこそ、

正しい知識を付けてください!


COCOからは、以上で?す!


【後編】につづく

投稿日:2022/02/24   投稿者:内川 良太郎