【前編】相続が発生する前に知っておいて | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

【前編】相続が発生する前に知っておいて

【前編】相続が発生する前に知っておいて

(相続が発生した時の注意点を、噛み砕いて説明します)


「相続が発生したら、どうすればいいの?」

「何か注意しておかないといけないことってあるの?」


誰しも相続を経験することは、

一生の間に一度か二度といった感じではないでしょうか?


そもそも経験する回数が少ないから、疑問や不安は起こります。


残念ながら、

経験がないこと(知らないこと)をいい事に、

そこを付け込んでくる不動産屋が存在するのも事実です。


付け込まれることが無いように、

皆さんには知識武装していただき、

損することが無いように、

大まかなところから、しっかり説明しますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 相続した不動産を売却する基本的な流れ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大まかな流れは、


1 遺産分割協議をする

 (相続人の間で遺産の分け方を決める)

    ↓

2 相続登記をする

 (相続財産の名義を変更する)

    ↓

3 相続不動産の売却をする

 (不動産会社に依頼して不動産を現金化する)

    ↓

4 現金を分割する

 (不動産を売却して得た現金を相続人で分割する)


ーーーーーーーーーーーーーーー

 相続する人数が、一人の場合

ーーーーーーーーーーーーーーー

1人で相続する場合は、”単独相続”と言われます。

単独相続の場合は簡単で、

1人の相続人が全ての財産を相続します。


この場合、他の方と分割することが無いので、

誰とも比べることも無く、誰とも争うこともないので、

全て自由に出来ます。

(分けることもないので、不動産を売却する必要もなし)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 相続する人数が、二人以上の場合(現物分割)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1つめのパターンは、

例えば、3人の相続人がいる場合、


【現物分割】

 長女 → 戸建住宅

 次女 → 土地

 長男 → 預貯金


上記のように、現物分割とは、

遺産を現物で分けて相続するケースです。


この形で、相続することは可能です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 相続する人数が、二人以上の場合(換価分割)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2つめのパターンは、

同様に、3人の相続人がいる場合、


【換価分割】

 長女 → 戸建住宅 → 現金

 次女 → 土地   → 現金

 長男 → 預貯金  → 現金


全てを売却して現金化し、

それを3分割にするのが、”換価分割”です。


相続には、

”現物分割”と”換価分割”があります。


次は、【中編】に続きます。

COCOからは、以上でーす!

 

投稿日:2021/12/16   投稿者:内川 良太郎