*アパート退去時のトラブル*【前編】 | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

*アパート退去時のトラブル*【前編】

アパート退去時に”なんやかんや”と、
お金を請求された経験ってありませんか?
そんな時って、なんとなく、
不動産屋の言いなりになってしまいますよね。
 
実際退去時に、
自身の知り合いの不動産屋を連れて行くだけで、
本来支払わなくていい補修の請求は、されません。
 
実際僕自身、
友人A君のアパート退去時の立会に一緒に行きました。
そうするとかなり”効果があり”でした。

知り合いの不動産屋が居ない方も多いと思うので、
不動産屋の言いなりにならないための知識を、
お伝えしたいと思います。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 大家さんの責任はどこまで?
ーーーーーーーーーーーーーーー
「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、
 賃借人の故意・過失・善管注意義務違反、その他通常の使用を
 超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」
と決まっております。
 
と言われても、
難しい言葉が並びすぎて、
なんのこっちゃって感じですよね。
 
それを簡単に言うと、
① 賃借人(住人)の通常使用により生ずる損耗
② 上記以外の損耗
もう少し、噛み砕いてみましょう。
 
「通常使用による損耗」は具体例をあげると
下記のようなものがあり、これらは大家さんの負担です。
●日光によるもの
 (畳日焼け・フローリングの変退色・
  壁紙の日焼けや劣化)
●家具配置による床のへこみや痕跡
●テレビや冷蔵庫等、
 家電設置による背面クロスの電気焼け
●下地ボードに影響を及ぼさない程度の画鋲などの跡
●設置機器の機械寿命を原因とする不具合や故障
●建物の構造的な欠陥であると予測されるもの
 (クロスのカビ・雨漏り跡やシミ・よじれ)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまでが、
大家の負担なので、
きっぱり断って下さい!
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 アパート住人の責任はどこまで?
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
アパート住人の
「故意・過失・善管注意義務違」
には以下のようなものがあげられます。
 
●引っ越し・家電搬入時などの損傷
●結露の放置が原因と特定されるカビやシミ
●飲食物などをこぼしたことによるシミ
●タバコによる焼け焦げや穴、壁紙の変色や匂い
●下地に影響を与えるほどの壁穴
●手入れを怠ったことによる浴室やトイレのカビや水垢
●鍵の紛失、もしくは使用方法の問題により発生した破損による交換
●逸脱した使用方法による設備機器の故障
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまでが、
アパート住人の負担なので、
ここは頑張って払ってください。
 
次回は、事例を挙げて説明します。
COCOからは、以上でーす!

投稿日:2021/11/09   投稿者:内川 良太郎