*マンションの現実*《前編》 | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

*マンションの現実*《前編》

前回、マンションと一戸建てでは、

金額的には”一戸建ての方がお得”ですよ。

と説明しました。


なぜ、その金額の差が生まれるかを、

説明します。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

 何で、その差が生まれるのか?

ーーーーーーーーーーーーーーーー


◯税金の差

《建物》

 マンションは”鉄筋コンクリート”なので、

 ”建物の評価価値が下がりにくい”ため、

 その分、建物の税金が高くなります。

《土地》

 マンションは、大体”駅周辺”に建てられます。

 つまり、土地の評価価値が高いので、

 土地の税金も高くなります。


◯修繕費の差

 マンションは”修繕積立金”が発生します。

 一戸建ても”修繕費”を必要としますが、

 マンションほど大規模ではありません。

 そのため、一戸建ての修繕費は高額にはなりません。


 また、修繕費は新築時が一番安く設定されていて、

 10年毎に修繕積立金(22%)が、

 上昇していく流れになります。


◯管理費(マンションのみ)

 管理費は、エレベーターや駐車場や管理人など、

 一戸建てには発生しないプラスアルファのお金

 となります。

 また、10年毎に管理費(18%)が、

 上昇していく流れになります。


この差が、大きな差を生みます。



ーーーーーーーーーーー

 実際はどうなのか?

ーーーーーーーーーーー


実際は、管理費も修繕積立金が上がってない

マンションも多く存在します。


それは、管理費や修繕積立金の金額の変更は、

”総会で過半数”の決議が必要なので、

ハードルが高いんです。


毎月の支払いが増えることを、

半分以上の住民が賛成しないといけないので、

そのハードルは、結構高いです。


事実、

”管理費”は、たちまちのお金なので上げますが、

”修繕積立金”はいずれ発生する大型修繕のための

積立金なので、上げられてないところが多い。

というマンションが多くあります。


しかし、

修繕積立金は、いずれ必ず必要となるので、

大幅に修繕積立金を上げないといけなくなります。


COCOからは、以上でーす!


投稿日:2021/10/27   投稿者:内川 良太郎