不動産屋によって扱える物件に違いあるの?【前編】 | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

不動産屋によって扱える物件に違いあるの?【前編】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 不動産屋によって扱える物件の違いがあるのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論から言うと、
”どこの不動産屋も扱える物件は、ほぼ同じです”。
つまり、
どの物件でも、どの不動産屋でも同じように、
扱うことが出来ると言う事です。
 
 
ではなぜ、
不動産屋によって扱える物件が違って、
扱う物件の数が違うのでしょうか?
それは、
世に出回っている多くの物件が、
”仲介”という形で不動産屋と契約を結んでるからです。

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 売主様の仲介料と、買主様の仲介料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
不動産屋の扱える数の違いを説明する前に、
不動産屋の報酬について説明しておきます。
仲介には、
”売主側仲介手数料”と”買主側仲介手数料”が存在します。
つまり、
仲介料は、売主側と買主側との2種類があるんです。
不動産屋は、
出来ることなら、この両方を欲しいと思っています。

そのため、
売主様から物件を預かった場合、
その物件を他の不動産屋にその情報を出さずに、
自分の会社だけで買主様を見つけれたら、
その仲介手数料の報酬が2倍になるんです!

そのため、
報酬を2倍にするため、
自社のみでお客様を見つけたいから、
売主様の物件の情報を出さないようにする、
そんな事実があります。
ここまでが、
不動産屋の報酬の仕組みです。
 

投稿日:2021/08/26   投稿者:内川 良太郎