今後、真備町の水害の危険性は? | 倉敷市・総社市周辺の不動産をお探しならCoCo不動産にお任せ下さい。

営業時間9:00~18:00定休日土曜日・日曜日・祝日

今後、真備町の水害の危険性は?

ーーーーーーーーーーーーー

 真備町の水害の歴史

ーーーーーーーーーーーーー

平成30年7月豪雨災害から、3年の月日が経ち、

真備町に甚大な被害はかなり復興されました。


実は、真備町での小田川決壊は、

昭和47年昭和51年にも起こっていました。

しかし、その教訓は生かされることなく、

平成30年に3回目の水害が起こってしまいました。

#国土交通省が小田川付け替え工事やろうとしてた

#でも埋蔵文化財が出てきて延期になった

#そのタイミングで豪雨災害が起きたんです



ーーーーーーーーーーーーー

 小田川決壊の原因と事実

ーーーーーーーーーーーーー

そもそも小田川決壊の原因は、

そもそも何だったのか?


それは、

小田川と高梁川の合流ポイントに原因がありました。


高梁川の流れが強くなると、

小田川のような小さい川は高梁川の流れに負け、

高梁川に堰き止められた状態となってしまい、

小田川の水位はどんどん上がり氾濫してしまった。

ということなんです。

#何となくイメージしていただけるかな



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 国土交通省は工事を計画していた

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

小田川を付け替えしないといけないことは、

国土交通省も分かっていたので、

”小田川付替え工事計画”の話は、進めていたんです。


ですが、

工事エリア付近で埋蔵文化財が出てきたことで、

小田川付け替え工事の計画延期となりました。


そんな、

小田川付替え工事が着手される前のタイミングで、

3回目の水害が起こってしまったのです。



ーーーーーーーーー

 真備町の未来

ーーーーーーーーー

あの記憶にも新しい、

とんでもない大きな被害を受け、

国土交通省は本気になりました。

#そりゃ全国のトップニュースですから


最も大きな原因であった”小田川付替え”の工事は、

国土交通省(国)は、令和5年の完成を目指して、

全力で工事を進めています。

#真備町のあっちやこっちで工事だらけ

#この工事で確実に安全度が上がっている


現在、

小田川付替え工事という大きな工事だけではなく、

大きい水路の護岸工事も全力で進められています。

#令和5年まで真備町は工事だらけ

#通行止めもあちらこちら



この付替え工事が終わると、

真備町の水害の危険性は、大きく下がります。

#これで危険性下がらんかったら

#国土交通省は何しとんねんという話



真備町の未来は確実に明るくなります。

COCOからは、以上で~す!

投稿日:2021/09/01   投稿者:内川 良太郎