倉敷市の土地|COCO不動産 > COCO不動産のスタッフブログ一覧 > 洪水・土砂災害ハザードマップって、何?

洪水・土砂災害ハザードマップって、何?

≪ 前へ|不動産の情報が、分かりにくい理由   記事一覧   プロギング報告 in 美観地区|次へ ≫

洪水・土砂災害ハザードマップって、何?

カテゴリ:不動産知識


今回は、
”洪水・土砂災害ハザードマップ”
について、ご説明いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 洪水・土砂災害ハザードマップとは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
洪水・土砂災害ハザードマップとは、
 ◯指定避難所・緊急指定避難場所
 ◯想定される浸水の範囲と深さ
 ◯土砂災害の恐れのある場所
 ◯H 16年の高潮被害範囲
という情報が載っています。

ただこのことを聞いて、
「へぇ、そうなんや」
と思うぐらいだと思います。
#滅多に無いからイメージ出来ない

ーーーーーーーーーーーーーー
 想定している降雨の確率は
ーーーーーーーーーーーーーー
高梁川の決壊の確率 :150年に1回
小田川の決壊の確率 :100年に1回
倉敷川の決壊の確率 :100年に1回
笹ヶ瀬川の決壊の確率:100年に1回
里見川の決壊の確率 : 70年に1回

ほぼ100年に1回の確率のハザードマップと
なっているので、気を付けて下さいね。
#生きている間に1回あるかどうか

と言われても、
どの程度、気を付けないといけないのか・・。
ピンと来ないのが現実だと思います。

正直、このマップ上で浸水しない場所は、
高台の土地だけです。


このマップをどの程度信用すべきかは、
個人個人の感覚に委ねられることになります。
#回避出来るのは高台だけだから

僕の考え方は、
浸水エリアを外すことを考えず、
大きな川の決壊した時のために、
火災保険で水害のオプション”を
付けておくのが、
賢明な方法だと思います。
#非常時は保険で対応

COCO不動産では、お客様お一人お一人に、
価値ある知識を提供させていただいております。
賢く買えば、無駄な出費が無くなります。
(不動産屋の言いなりにならないように)

人生で一番大きな買い物だからこそ、
正しい知識を付けてください!

COCOからは、以上で〜す!
≪ 前へ|不動産の情報が、分かりにくい理由   記事一覧   プロギング報告 in 美観地区|次へ ≫
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    COCO不動産
    • 〒710-1306
    • 岡山県倉敷市真備町有井271-3
    • TEL/086-697-6061
    • FAX/086-697-6062
    • 岡山県知事 (1) 第005931号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

内川 良太郎 最新記事



内川 良太郎

お客様のコンシェルジュとして、 お客様の要望に合わせた物件を、 一番お買い得な物件から、ご案内いたします。 それが、コンシェルジュとしての役目です。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る